京都の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート by 心グループ

相続放棄の期限

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年1月26日

1 相続放棄の期限は3か月です

相続放棄をすると、財産を受け継ぐことはできなくなりますが、借金についても、受け継ぐ必要がなくなります。

そのため、亡くなった方に借金があるような場合は、相続放棄を検討することをおすすめいたします。。

この「借金」の中には、消費者金融からの借り入れ、住宅や車のローン、未払いの税金なども含まれます。

相続放棄をすれば、これらの借金の支払義務はなくなりますが、相続放棄の期限は3か月しかありません。

49日が終わってから、などと考えていると、相続放棄に間に合わない可能性があるため、注意が必要です。

2 どの時点から3か月なのか

相続放棄の期限は、「相続の開始を知った時」から、3か月です。

「相続の開始を知った時」とは、自分が相続人になったことを知った時という意味です。

たとえば、父が亡くなり、長男が看取った場合、第1順位の相続権を持つ長男は、父が亡くなった時点で、自分が相続人になったことを知ることになります。

つまり、3か月の期限は、父が亡くなってすぐにスタートします。

他方、もし長男が父と疎遠で、父が亡くなってから半年後に、父の死亡を知った場合は、父が亡くなってから半年後の時点で、3か月の期限がスタートします。

3 第2順位以降の相続人の期限

自分より上の順位の相続人がいる場合は、上の順位の相続人が相続放棄をしない限り、下の順位の相続人は、相続権を持つことができません。

相続権がない以上、相続放棄はできません。

たとえば、父が亡くなった場合は、第1順位の子が相続権を持ちます。

この第1順位の子が相続放棄をした場合、第2順位の相続人である父の両親(祖父母)が相続権を持ち、相続放棄が可能になります。

祖父母は、第1順位の子が相続放棄を知ったときから、3か月の期限がスタートします。

第3順位についても、同様に、第2順位の相続人が相続放棄をしたことを知ってから、相続放棄の期限がスタートします。

4 相続放棄の期限の延長手続き

亡くなった方に借金があるかどうかを調査するには、それなりに時間が必要です。

その調査をしている間に、3か月が経過すると、相続放棄ができなくなってしまいます。

借金の有無を調査してから、相続放棄の検討をする場合は、相続放棄の期限の延長手続きを行うことが大切です。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ