京都の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート by 心グループ

生命保険金は遺産分割の対象か

  • 文責:所長 弁護士 伊藤美穂
  • 最終更新日:2021年6月15日

1 生命保険は原則として遺産ではありません

ご家族が亡くなった時に、相続人が受け取る財産は、大きく分けて遺産と生命保険金の2つがあります。

遺産については、誰がどの遺産を取得するのかについて、相続人同士で話し合いをすることになります。

しかし、生命保険金は、亡くなった方の財産ではなく、受取人に指定されている方の財産と考えられています。

そのため、相続人同士で分け方を決める必要はなく、受取人に指定された方が、受け取りの手続きをすることになります。

2 特定の相続人だけが生命保険金をもらっても、遺産の分け方には影響しません

たとえば、相続人が長男と二男で、遺産が預金3000万円だったとします。

仮に法律どおりの割合で遺産を分ければ、長男と二男は、預金を1500万円ずつ取得することになります。

では、長男が400万円の生命保険金を受け取った場合はどうなるのでしょうか。

生命保険金を遺産と考えると、預金の3000万円と合わせて、3400万円が遺産ということになり、これを半分ずつ分けると、長男と二男は1700万円ずつ、遺産を取得することになります。

しかし、生命保険金は遺産とは考えられていないため、実際には、長男が預金の半分と生命保険金を合わせた1900万円を取得し、二男は預金の半分にあたる1500万円を取得することになります。

3 生命保険金が高額な場合は注意が必要

上記の例で、生命保険金が5000万円あった場合はどうでしょうか。

生命保険金が遺産ではないと考えると、長男と二男は預金を1500万円ずつ取得し、さらに長男だけ5000万円の生命保険金を取得することになります。

しかし、このように極端に生命保険金の額が大きい場合は、相続人間であまりに不平等な結果になってしまいます。

そのため、生命保険金の額の大きさによっては、生命保険金も遺産の一部としてカウントされることがあります。

特定の相続人にのみ、生命保険金を受け取らせる場合は、注意が必要です。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ