京都の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート by 心グループ

相続手続きの必要書類

  • 最終更新日:2021年5月17日

1 相続手続きで大変なのは書類集め

相続手続きは、亡くなった方の財産を受け継ぐための手続きです。

もし、相続人でない方に、預貯金を払い戻してしまったような場合、大変な問題になるため、必ず所定の手続きを踏む必要があります。

その手続きの際に、役所で多くの書類を取得し、提出する必要があります。

2 まずは戸籍謄本が必要

相続手続きで、最初に集めるべき必要書類は、亡くなった方の戸籍謄本です。

戸籍謄本を集めると、相続人を確定することができます。

ただし、単純に戸籍謄本を取得するといっても、簡単にはいかないことがあります。

まず、亡くなった方の出生から死亡までの、全ての戸籍謄本が必要になります。

戸籍謄本は、法律が変わったり、婚姻した場合などに、新しく作られるため、それらすべてを集める必要があります。

しかし、市区町村単位で管理されているため、各市区町村で個別に戸籍謄本を取得する必要があります。

そのため、本籍地が移動している場合は、全国の市区町村で、戸籍謄本を取得することになります。

また、相続人全員の戸籍謄本も必要になります。

3 相続人の印鑑登録証明書が必要

相続の手続きは、人違いがあってはいけないため、厳格な本人確認が求められます。

その本人確認として、実印と、印鑑登録証明書が利用されます。

たとえば、預貯金を払い戻す際には、金融機関所定の相続届に、相続人全員が実印を押印し、印鑑登録証明書を提出することになります。

もし、実印をお持ちでない場合、市区町村で印鑑登録をする必要があります。

4 法的に有効な遺産分割協議書

相続手続きの種類によっては、遺産分割協議書が必要になります。

遺産分割協議書は、遺産の分け方に関する合意書です。

遺産分割協議書は、誰がどんな遺産をするのかを明確に特定しておかないと、預貯金の払い戻しができなかったり、不動産の名義変更ができない可能性があります。

5 その他の書類が必要になることも

相続手続きによっては、住民票、相続関係説明図、固定資産税評価証明書など、様々な書類が必要になることがあります。

どういった手続きで、どんな書類が必要かは、非常に複雑なため、相続手続きを行う際は、専門家に相談することが大切です。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ